MENU

キャッシングには信用情報が大切

お金を借りようとする人の情報がまとめられたものが信用情報です。この信用情報を確認しながら、その人がお金を貸しても大丈夫な人物であるのかを判断します。信用情報は、キャッシングを利用する際には必ず登録されるものです。ですから、キャッシングを申し込んだ経験のある方は、同時に信用情報を提供しているということです。ですが、この信用情報は心配するようなことはありません。

 

提供した信用情報は、キャッシングサービスを提供する会社間で共有されるわけです。すでにキャッシングを利用してお金の借入をしている中で他からキャッシングをしようとした時、その借入が許容範囲を超えたものであれば信用情報をもとにその借入は止められてしまいます。また、申込をする際に信用情報に誤りがあったり、収入額の情報に食い違いがあるとローンの審査そのものも通過しませんので借入は無理ということになります。ですので、キャッシングの利用を考える際は、その時点で借入額が無い状態での手続きが望ましいと言えます。

 

きれいな信用情報とは…

きれいな信用情報とは良い信用情報ということであり、4つのポイントがあります。

 

  1. お金を借りようとする人の過去2年に延滞履歴がないこと
  2. お金を借りようとする人の過去5年に事故実績がないこと
  3. 少ない借入額であること
  4. 継続的なサービスの利用をしていること

 

お金を借りようとする人の過去2年に延滞履歴がない

信用情報は、2年間保持されるものです。ということは、過去2年間に延滞履歴があったのならばすぐにわかってしまうということです。ただ、この延滞履歴というものは全ての延滞ではなく、2週間以上の延滞や短期間の延滞であってもそれが何度もあったのならば問題の延滞と見なされてしまいます。全ての延滞が記録されない理由は、サービスの提供をする会社が入金の集計をする際、情報を登録するに至るまでタイムラグが起こるのです。

 

ということは、そのタイムラグの間にお金の返済ができていれば延滞とは見なされません。ですが、返済が毎回遅れてしまっていたりする場合は短期間であっても登録されてしまいますので注意しましょう。自分の過去の履歴を確認したい時は、登録をした信用情報機関に開示を求めることも可能です。気になる方は履歴の確認をおすすめします。

 

お金を借りようとする人の過去5年に事故実績がない

もしも延滞をした状態でローンカードの解約をしたり、もしくはキャッシングを強制解約されてしまったなどの経験がある場合、その情報は5年間残ります。この場合でキャッシングを考えた際、たいていのキャッシング会社からの借入はきびしい状況と言えます。ですが、国内にある信用情報機関というのは複数存在していますので、他の信用情報機関を利用することが可能です。そのような方法をとることにより問題はないと言えるでしょう。

 

少ない借入金額

キャッシングの申込みの際、借入金額が少ないということがやはり良いのです。なぜなら、少ない借入金額の方が返済確率が上がるということであり、信頼がつきます。ですが、少ない借入金額でありながら再び別途借入をする際には再審査となりますので、最低限での余裕は持つようにしましょう。

 

継続的なサービスを利用をしている

何度もキャッシングを利用していることは、キャッシング会社に悪く思われることはありません。過去にきちんと返済し、サービスを利用していることは、むしろ優秀だとみなされます。反対に一度もキャッシング利用の無い方の場合のほうが未知と言えるのです。過去にキャッシング利用経験があり、再びキャッシング利用を考える方はまず自分の信用情報を把握してみるのがよいと言えます。まずは問い合わせをして信用情報機関に開示請求することです。自分の信用情報を確認してみると、情報が詳細に記されていることに驚くことでしょう。

 

まとめ

意外にもキャッシング利用を続けていることは、キャッシング会社から悪い印象を持たれることではありません。継続的な利用とは、むしろきちんと返済しているという証拠であり優秀なことと見なされます。キャッシング利用は恥ずかしいことではありません。これからも毎月の返済は、スムーズに支払っていきましょう。これが一番大切なことです。

まずはこの5つがおすすめ!

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日