MENU

キャッシング会社とのトラブルは「事故」として信用情報機関に残る

「ブラックリスト」とは

ブラックリストと言われると返済が滞った人の名前の一覧、というようなイメージを持たれる方が多いと思います。しかし実際にはブラックリストといわれるものは存在していません。ではブラックリストと呼ばれるものは何でしょうか。

 

キャッシングでよくあるトラブル、たとえば期日までに返済できずそのときに連絡もしなかった場合などを「事故」と呼びます。こうした事故ひとつひとつを金融機関やキャッシング会社が保存しているわけではありません。こういった情報は「信用情報機関」というところにまとめて保存されます。だからある金融機関でのトラブルが他の金融機関にも知られるということがあるのです。この信用情報機関にある事故の履歴がブラックリストの正体なのです。

 

「事故」と「信用情報機関」とは

 

金融機関やキャッシング会社とのトラブルが「事故」として信用情報機関に残ることがわかりました。ではどんな信用情報機関があるのでしょうか。

 

  • 「日本信用情報機構」
  • 「全国銀行個人信用情報センター」
  • 「CIC」

 

日本ではこの三つの機関が国からの指定を受け、信用情報を共有、管理しています。この信用情報のなかに事故記録が含まれます。事故記録に残る例としてクレジットカード、携帯料金の不払いや奨学金の返済遅れ、キャッシングの返済遅延などがあげられます。もちろん不可抗力でこうしたトラブルを起こしてしまうこともあります。ですので、借入れした相手にきちんと連絡をすれば「事故」扱いにならずに済む場合が多いといわれています。

 

たとえば、新しくクレジットカードをつくるときや住宅ローンを組むときなどに、金融機関やキャッシング会社は信用情報機関にその方の事故記録を問い合わせます。そして過去にトラブルがあることがわかると「この人は信用できない」として審査が通らないことがあるのです。貸す側としてもきちんと返済してくれる相手がいいと考えるのは当然のことです。ところがこうした事故記録は永久に残るというわけではありません。一定期間保存された後、自動的に消えるようになっていますが、事故の内容によってその期間は違います。

 

キャッシングの注意点

「契約にしたがって、借りたものは計画通りに返す」ということが大原則です。これを守っていればトラブルが起こることはほとんどないでしょう。しかし「事故」によって信用情報機関に事故記録(いわゆるブラックリスト)が残ると、ほとんどの場合新規の借入れはできません。しかし借入相手が利用している信用情報機関に事故記録がなければ借入が可能なこともあるので、どの信用情報機関に自分の事故記録が残っているか確認するようにしましょう。

まずはこの5つがおすすめ!

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日