MENU

トラブルを起こした場合に記録される事故情報がブラックリスト

ブラックリストの正体は

ブラックリストに載っているとクレジットカードやキャッシングの審査に通過できないという話を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。こうした話を聞くと、金融機関には消費者の金融商品利用に関する名簿が存在しているというイメージを抱いてしまうかもしれません。しかし、ブラックリストの実態は少し違います。

 

金融商品を利用した際に返済が遅れてしまった場合やトラブルを起こした場合は、事故情報として信用情報機関に記録されます。こうした事故情報が信用情報機関に残っている状態をブラックリストと呼ぶのです。その為実際に何らかの名簿が存在しているというわけではなく、あくまでもブラックリストは状態を表す言葉であり、ブラックリストに載るという言葉は妥当ではありません。

 

事故情報を記録する信用情報機関とは

 

金融商品の利用履歴や事故情報を記録している信用情報機関は以下の三つです。

 

  • 日本信用情報機構
  • 全国銀行個人信用情報センター
  • CIC

 

これらの機関では個人の信用情報が保管されており、クレジットカードやキャッシングの審査では、これらの機関に記録されている情報を照らし合わせて信用を確認します。信用情報機関に事故情報が残されていると、クレジットカードやキャッシングの審査で信用がないと判断されてしまいます。事故情報とされているのは、

 

  • クレジットカードの不払い
  • 携帯電話の割賦料金の支払いの延滞
  • 奨学金の返済トラブル
  • キャッシングでの返済遅延

 

などの記録です。クレジットカードやキャッシングの審査に通過できない場合、これらの情報が信用情報機関に残っているケースが少なくありません。住宅ローンの審査でも事故情報が原因で融資が受けられなくなる場合があるので、注意しなければなりません。

 

クレジットカードやキャッシングなどの商品を利用する上で最も重要なのは、きちんと返済をするということです。金融機関にとっては貸したお金はきちんと返してもらわなくては困るので、その信用に欠ける消費者にはお金を貸すことは出来ません。その為、事故情報は審査において非常に重要なデメリットとなります。

 

しかし、信用情報機関の事故情報はいつまでも残されているものではありません。数年間経過したら抹消されるものなので、一度事故情報が記録されてしまっても悲観する必要はありません。とはいえ情報の内容次第で記録される期間には違いがあるので、注意は必要だと言えます。また、どうしても返済等が遅れてしまいそうな場合には事前に金融機関に連絡しておけば事故情報にならないケースもあります。

 

  • ブラックリストは名簿ではありません
  • 信用情報機関に事故情報が残されている状態をブラックリストと呼びます
  • 携帯電話料金の支払いや奨学金の延滞も事故情報になるので、注意しましょう

 

ブラックリストのまとめ

金融機関にブラックリストという名簿があるわけではありませんが、信用情報機関に事故情報が残されているとキャッシング等の審査には通過できなくなるのが一般的です。しかし三つの信用情報機関では異なる情報が記録されている場合もあるので、過去にトラブル等を起こしている方は、どこの信用情報機関に情報が残されているか確認しておくと良さそうです。

まずはこの5つがおすすめ!

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日