MENU

理由はどうあれ、退職後の申込みは無職扱いとなるため審査には不利

キャッシングの利用をしているときに、何らかの事情で会社を退職したり会社の都合でリストラにあってしまった場合、引き続きキャッシングを利用できるか心配している方も多いでしょう。こうした場合には必ず退職したことをキャッシング業者に報告しなければなりません。たとえ定年退職であっても、前から使っているキャッシングがあれば退職の連絡をいれましょう。

 

また、これから新しくキャッシングの申込みをしようという場合、当然ながら無職の状態で審査を受けなければなりません。定年退職の場合には「年金受給者」の扱いで審査を受けます。もちろんこれは年金をもらっている場合のみです。自己都合でも会社都合でも、無職というのはキャッシングの審査において不利です。審査を通っても借入限度額が低くなるでしょう。利用中のキャッシングも限度額が少なくなるかもしれません。ここでは、無職でもキャッシングを利用したいというケースについてご説明します。

 

アルバイトやパートでも収入を得る

退職した、あるいはリストラにあったなどで無職になった場合、キャッシングを利用するためには、何らかの別の安定収入を得る事がいちばんです。アルバイトやパートなど手っ取り早く就ける仕事でもよく、もちろん再就職できれば確実です。定年退職により年金生活に入った場合でも、キャッシングの審査においては無職と同等に扱われます。消費者金融の利用条件には「年金以外に安定した収入がある方」との説明があるはずです。ただし、銀行カードローンの場合には年金受給者を対象としたサービスもあり、その銀行で年金の受け取りをしているなどの条件をみたせば利用できます。

 

借入件数や残高を減らす

キャッシングの審査を有利にするためには、すでに借入があるならばその件数や残高を減らしましょう。全て返済するのがいちばんですが、キャッシングを利用したいという場合はお金が必要なときですし、すぐの返済は難しいでしょう。こうした場合は「おまとめローン」で件数を少なくすることを検討してはどうでしょうか。また、貯金があるなら返済に回したり、手持ちの不用な品をリサイクルショップ等で売るなどしてお金を作るなどして、少しでも返済しましょう。借入残高の総額が減ればそれだけ審査が通りやすくなりますし、返済しているという実績も有利に働きます。

 

クレジットカードを少なくする

無職での申込みに限らないのですが、クレジットカードの持ちすぎもキャッシング審査において不利になります。クレジットカードがあまりに多いと、それぞれのカードを限度額いっぱいまで使ってしまい返済ができなくなるというリスクがあります。キャッシング業者側としても警戒してしまい、審査においてマイナスポイントです。クレジットカードはなるべく少なめにしておく方が有利です。と言ってもまったく持っていないのもかえって良くないので、メインとサブで2〜3枚までくらいが良いでしょう。

 

国の支援制度を利用する

お金がどうしても無い場合、キャッシングで借入れる以外にも、国の制度を利用する方法もあります。利便性はキャッシングが上ですが、せっかくの支援制度を活用する事も考えてみてはどうでしょうか。

 

求職者支援制度は返済不要
求職者支援制度では、ハローワークの指導に基づいた無料の職業訓練を受けると同時に職業訓練受講給付金を受け取ることができます。貸付けではなく給付金なので返済の必要はありません。金額は月10万円と訓練機関までの交通費になります。失業してしまったものの再就職への意思がある場合には、利用を検討すると良いでしょう。

 

ただし条件として、

  • 雇用保険を受給できない場合に限る
  • 職業訓練に必ず出席
  • 本人収入が月8万円以下
  • 世帯収入が月25万円以下
  • 世帯の金融資産が300万円以下で、今住んでいる家の他に不動産を持っていない
  • 同世帯の中に同時にこの制度を受けている人がいない

などがあるので、注意しましょう。

 

年金担保貸付制度で融資を受ける定年退職した場合には年金の受け取りが始まるわけですが、この年金を担保にした融資を国が行っています。融資が可能な金額は、年間の年金支給額の0.8倍以内で、上限は200万円です。平成26年12月に改正があったので注意が必要です。

 

金利は1〜2%程度であり、消費者金融キャッシングにくらべてかなり低めです。その代わり、融資がおりるまでに時間がかかります。申込みしてから3〜4週間は待つ必要がありますので、緊急にお金が必要になったという事態には不向きであることに注意しましょう。

 

おわりに

以上、無職の状態でのキャッシングの利用に関してご説明しました。退職やリストラなど無職になることは誰にでもありえるので、頭の隅にとどめておかれると良いでしょう。収入が無い状態では、無理してキャッシングでなんとかしようとするよりも、返済のことなども考慮して国の支援制度を利用する事をまず検討するのが良いでしょう。キャッシングの審査はとにかく安定した収入が無い事にはまず通りません。そのため、キャッシングを利用したいなら再就職したり、アルバイトやパートでもかまわないので収入を得ることをまず考えましょう。

まずはこの5つがおすすめ!

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日