MENU

学生でもアルバイト等で安定した収入を得ているなら学生ローンで借入が可能

学生であっても、急にお金が必要になることはあるでしょう。旅行に出かけたり友人や恋人と遊びに行ったりして気付けばお金が足りないということも。生活費や学費が足りないということもあるでしょう。こんなときに親から借りるのもためらわれるし、アルバイトの給料日まではまだ先というときは困ってしまいます。

 

こうした場合、アルバイトによる収入が安定してあるのであれば、学生でも消費者金融のキャッシングを利用できるケースがあります。学生はお断りというキャッシングも多いですが、学生を対象とした「学生ローン」のサービスを提供しているところもあるのです。

 

ここでは、学生でも利用できる学生ローンについてご説明します。

 

学生ローンについて

学生ローンは大学生や大学院生、専門学校生などの学生を対象としたキャッシングサービスです。原則として20歳以上で安定した収入があることが利用条件です。ただし、学生ローンをやっているところは限られています。学生の本分は勉強でありアルバイトによる収入も社会人にくらべると安定しているとは言いがたいですし、卒業したら環境が変わり返済が難しくなると言う可能性もあります。

 

また、あまり大きな金額は融資できません。業者側から見るとリスクが大きいので、おこなっているところは少ないのです。ですが学生ローン専門におこなっているキャッシング業者もいます。学生のうちに契約すれば社会人になっても利用可能というところもあり、こうしたところは利用者の囲い込みが狙いでしょう。ちなみに学生ローンの借入金の用途は基本的に自由です。学生対象だからといって学費でなければいけないことはありません。学費にも生活費にも遊興費や就職活動資金にも使えます。ただし一般的なキャッシングと同じく事業資金に使うことはできません。

 

学生ローン利用時の注意

学生ローンの利用にあたっては、いくつかの注意点があります。申込む前に以下の点を頭にいれておきましょう

 

自分自身の信用での契約

学生を対象としているからと言って契約が甘いということはありません。キャッシングなので担保や保証人は不要であり、申込者自身の信用で契約が行われます。あくまでも自己責任での借金になり、親の信用を利用することはできません。そのため返済能力に疑問があれば審査には通らないため、アルバイトなどで安定した収入が無いと借入はできません。

 

親からの仕送りは安定収入とはみなされない

利用するには安定した収入があることが条件ですが、この収入には親からの仕送りは含まれません。毎月定額の仕送りがあるなら安定収入とみなしたくなるかもしれませんが、これは社会的に認められる収入の内には入りません。アルバイトなどで働いて得た収入のみが認められます。なお、日払いや超短期のアルバイトは継続性が無いため、これもキャッシングの審査においては安定した収入とは見られません。コンビニやスーパーの店員など、長期勤務のものだけが審査で評価されます。

 

利用限度額は低め

学生ローンは基本的に融資される金額はそれほど高くありません。多くの業者では上限を50万円に設定しています。また、一般向けのキャッシングが最初に利用限度額が設定されてその範囲でなら何度も自由に借入ができるのに対し、学生ローンは借りるごとに審査があります。

 

例として、学生ローンを申込んで5万円を借りる場合、まず審査がおこなわれます。これを通過してさらに追加で5万円借りたい場合、また審査がおこなわれるのです。これに対して一般向けのキャッシングでは、最初に利用限度額が10万円で契約されればこの範囲内で自由に借入や返済を行えるため、5万円を2回という使い方でも追加の審査はありません。

 

信用情報機関に利用記録が残る

学生ローンも貸金業であり、一般向けのキャッシングと同じように申込みや利用額、返済などの記録はすべて信用情報機関に登録されます。延滞などがあった場合は金融事故としてその記録も残ります。こうした情報が保持される期間は内容によって信用情報機関ごとに定められており、数年間残ります。そのためもし延滞の記録があれば、社会人となってからクレジットカードやキャッシングを申込んだ際に審査に通らない原因となります。

 

延滞は基本的に避けなければならないことであり、学生ローンだからと軽く考えて返済が遅れるようなことはあってはいけません。なお、こうした信用情報が残ることに関しては悪いことばかりではなく、利点もあります。お金を借りてきちんと返済したという記録はクレジットカードやキャッシングの審査で有利に働くことがあるのです。社会人になってからクレジットカードを作る時などに、学生ローンをきちんと返済した記録があれば評価される可能性もあります。そのため、きちんと返済できる範囲で正しく使うようにしましょう。

 

おわりに

以上、学生ローンについてご説明しました。お金がどうしても必要という場合に親や友人から借りてしまうと、トラブルになった際などに人間関係にヒビが入ります。こうした場合、友人や身内でお金の貸し借りをするよりも、割り切って利用できる学生ローンの方が使いやすいかもしれません。安定した収入のある学生であればこうしたローンの利用を検討してみましょう。

まずはこの5つがおすすめ!

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日