MENU

自己破産や任意整理の債務整理の過去があっても、キャッシングの利用は不可能では無い

さまざまな理由から、債務整理をおこなう方がいます。借金が膨れあがり返済がどうしても不可能になった場合にはこうした手段を選ぶこともひとつの道です。債務整理にはすべての債務が免除される「自己破産」や、貸金業者などと交渉の上で返済が可能な範囲に借金を縮小する「任意整理」などがあります。自己破産をしてしまうと二度とキャッシングをはじめ借金が出来ないと考えている人が多いようですが、これは本当なのでしょうか?ここでは、自己破産など債務整理の過去があってもキャッシングを申し込めるかについてご説明します。

 

債務整理後一定期間が経過すればキャッシングも可能

自己破産などの債務整理を行った人でもキャッシングの審査に通る可能性はあります。ただし債務整理から最低でも5年間は経過していないとなりません。債務整理を行うと、信用情報機関に金融事故として記録が残ってしまいます。それが最低5年間は保持されるのです。

 

キャッシングを行う業者は必ず信用情報機関に加盟しており、利用記録を登録したり情報を参照したりします。これにより他社からの借入れや金融事故についての情報を共有しているのです。なお、日本信用情報機構(JICC)、シー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3つがあり、消費者金融やクレジットカード会社はJICCやCIC、銀行はKSCに加盟しています。債務整理の情報については、JICC、CICは最長5年、KSCは最長10年記録が残ります。このため、キャッシングに関しては債務整理から5年以上経過していれば利用できる可能性があります。

 

債務整理から5年以内のキャッシングは可能?

前述の期間が経過する前、債務整理の情報が残っている状態でキャッシングを申込んでも、すぐに審査を落とされてしまうでしょう。消費者金融のキャッシングや銀行カードローン、クレジットカードの利用もできません。ですが、中小の消費者金融で独自基準の審査を行っているところでは、ひょっとすると契約できる可能性が無いわけでもありません。

 

大手の消費者金融の場合、キャッシングの申込みがあるとまずJICCやCICの情報を参照し、債務整理の記録があれば機械的に審査で落とされます。ですが中小の消費者金融の場合、こうした情報があっても機械的に落とす事はせずに独自の基準により審査を通すかもしれません。

 

ただし、中小でも基本的に信用情報機関の情報は参照しており、加盟していないところはヤミ金であるので注意が必要です。また独自基準の中小消費者金融の場合、金利が高いという事もあります。自己破産者でも借りられるといった宣伝にむやみに飛びつかないようにしましょう。

 

事故情報が残っている期間はキャッシングは利用しない

よって現実的には、債務整理の情報が残っている5年間または10年間はキャッシングは利用できないと考えて良いでしょう。もしこの期間にお金が足りなくなった場合、キャッシングに頼らないでなんとかすることを考えなければなりません。業者では無く身内や友人から借りる、不用品を売却する、アルバイトをするなどでしのぎましょう。いちばん確実なのは、アルバイトやパートで働いて収入を増やすことでしょう。

 

債務整理から一定期間後、確実にキャッシングを行うには?

自己破産などの債務整理から5年経過すれば必ずキャッシングが可能というものではありません。審査に通るためには以下のポイントが重要です。以前とは別のキャッシング業者を利用する信用情報機関の記録は消えても、社内記録は残っているケースが多いので、自己破産した時に利用していた業者では審査が通らない可能性が高いです。別の業者に申込むようにしましょう。

 

クレジットヒストリーを蓄積する

クレジットカードを利用した記録を「クレジットヒストリー」と言いますが、利用してきちんと返済をしたクレジットヒストリーが蓄積されれば、キャッシングの審査にも有利に働きます。クレジットヒストリーを積むのにおすすめなのが、ハウスカードと呼ばれる種類のクレジットカードです。ハウスカードは「カードを発行するグループ店舗でのみ使えるクレジットカード」です。例としてコスモ石油の「コスモ・ザ・カード・ハウス」などがこれにあたります。

 

VISAやMaster、JCBのような国際ブランドが付いたクレジットカードは世界中の加盟店で使えその分発行審査も厳しくなりますが、こうした国際ブランドの無いハウスカードであれば比較的審査は通りやすくなっています。ハウスカードもクレジットカードなので信用情報機関には記録が残ります。ハウスカードを無理の無い範囲で使いきちんと返済した記録を残す事で、キャッシングの審査にも通りやすくなるでしょう。キャッシング関係者の中にはハウスカードをクレジットヒストリー修行カードなどと呼ぶ人もいるくらいです。

 

返済能力に関するステータスアップ

キャッシングの審査で重視されるのは返済能力であり、安定した一定以上の収入を得ていればそれだけ有利となります。安定した職業に就ければそれがいちばんでしょう。収入が安定していればキャッシングに頼る必要性も低くなるわけですが、それでも急な出費はありえますし、業者側としても確実に返済してくれそうな申込者には喜んで契約してくれるでしょう。

 

おわりに

以上、自己破産などの債務整理を行った後にキャッシングを申込む場合についてお話ししました。ポイントをまとめると次のようになります。

 

  • 自己破産等の債務整理後から5年間は新たなキャッシング契約はまず無理
  • 5年以上たてば信用情報機関の金融事故記録が消え、キャッシングできる可能性はある
  • ハウスカードなどで良いクレジットヒストリーを積めば審査に有利
  • 安定した高収入を得られる職業に就ければ有利

 

債務整理から5年間は新たな借入れは考えない方が良いでしょう。決して、ヤミ金から借りるようなことがあってはいけません。

まずはこの5つがおすすめ!

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日