MENU

キャッシングは事前の会社比較が大事

即日キャッシングの利用

キャッシングにもいくつか種類が存在します。事前に理解しておくことが重要です。信販系・銀行系・銀行。キャッシングの利用はこの内のどれかからになりますが、それぞれの仕組みはまったく異なります。中には悪徳金融も存在するので、安心・安全を念頭に、より自分の条件にあった会社での利用をおすすめします。

 

上記した通り、キャッシングの提供会社はおおまかにこの3つが主流となります。

 

銀行

その名の通り銀行でのキャッシングになります。CMや広告でも安心を押し出し、最も身近で安心な存在とも言えるでしょう。中には、限度額100万円までならば収入証明書が不要の会社や地方の銀行への拡大もあり、利便性はかなり高くなっています。

 

銀行系

アコムなど大手の消費者金融も銀行系に区分されていますが、銀行系とは言っても、銀行でのキャッシングとは総量規制という点で大きく異なってきます。これは後ほど詳しく記したいと思います。

 

信販会社

販売信用を主な事業に、クレジットカードの取り扱いなどもしています。大手のクレジット会社ともなれば、800万円までの貸出しをするところまで出てきます。

 

とにかく急いでお金が必要な場合、おすすめのキャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

それぞれの相違点

それぞれの相違点は、総量規制の有無になってきます。これは利用者の年収1/3以上の金額は貸し出せないと言う法律なのですが、上記もした通り銀行系には存在しますが、銀行には存在しません。そのため、銀行でのキャッシング審査は他の2つよりも厳しく、多額の借入は不可能になってきますので、結果的に言えば五十歩百歩と言えるかもしれません

 

それを踏まえ、利用する会社を選択すると言うことになるのですが、それぞれに長所と短所が存在し、各々の特徴があることもまた事実です。大まかな特徴をあげてみると

 

銀行:審査の厳しさ、借入までの時間、サービスの貧しさはあるが低金利。

 

銀行系:金利の高さはあるが、即日性や無利息期間の備わり、ポイントなどの充実したサービス性が豊富。

 

信販系:全体的に銀行系に近い存在ではあるものの、別の事業を併せ持っている場合は劣っていることが多い。しかし他の2つで多重債務になっている人にとっては、言い方は悪いですが丁度良い逃げ口であり、会員数も多く審査の緩さも特徴としてあげられることもある。

 

しかし申込み会社が3つを越えてくると、審査に響くようになるという噂もあり、俗に言うブラックリストに名前が載るようなことにもなりかねません。ある程度の期間を置きさえすれば履歴は消えるので大きな問題ではないと思いますが、気を付けることに越したこともないでしょう。

 

  • キャッシングの利用には銀行・銀行系・信販系。
  • 大まかな違いは総量規制のみ。
  • 多重の申込には注意!

 

終わりに

キャッシングの利用には上記の3つが主流です。安心さから言えば銀行を選ぶ人が多いのですが、それも念頭に置いたうえで自分に合った会社を選ぶのが正しいキャッシング利用と言えるでしょう。大まかに同じだとは言えそれぞれの会社の特徴を良くとらえ、念入りな取捨選択を心がけましょう。

賢いキャッシング方法について

キャッシングは、担保も保証人も無しでお金を借りることが出来るサービスです。金利は、高くなりますが、専用ATMでいつでもキャッシングと返済ができるのが魅力です。返済方法は、ATMで返済する方法の他に、ネット上で銀行振り込みにて返済する方法も可能なので、ネット銀行を利用している方でお仕事が忙しいといった場合は、とても便利な返済方法です。

 

それから、毎月の返済を口座引き落としにすることもできます。自動引き落としであれば、返済遅延の心配がないから安心です。反面、キャッシング履歴が他の家族に見られてしまう可能性がありますので、キャッシングがバレたくない方にはお勧め出来ないですね。

 

他にも、キャッシング会社では返済日の変更や、返済日を事前にメールでお知らせするサービス、いつもよりも多く返済をして利息を軽減するなど、都合に合った返済方法を選択することが出来るようになっています。返済方法については、キャッシング会社のフリーダイヤルに問い合わせをして、相談に乗って貰うこともできます。

 

 

銀行カードローンって何?

銀行のカードローンは、金利が低いので、お得に借り入れが出来るという利点があります。ですが、審査がキャッシング会社よりも厳しかったり、営業時間が短かったりといった残念な部分んもあります。ですが、銀行系でもキャッシング会社のように審査が早くて即日融資が出来ますと謳っているところもあります。

 

メリットについて

先ず、年収の3分の1以上の借り入れが可能です。そして、低金利で借り入れが出来ることが主なメリットです。他には、銀行だから安心ということも大きいのではないでしょうか。

 

では、デメリットは?

やはり、審査が厳しくて時間がかかることです。それから、普通預金口座の開設をしなければいけない場合があるので、どうしても手続きに時間がかかる場合があることです。急いでいる方は、キャッシング会社を利用した方が早く現金を用意できる可能性が高いですが、既に利用しようと思っていたカードローンの銀行に口座を開設していたら、審査が早く通るかもしれません。銀行のカードローンは、あまり期待せずに、審査が通ったらラッキーと思って手続きをする気構えでいた方が良さそうです。

 

  • 急ぐ必要があればキャッシング会社を選ぶ
  • 低金利を狙いたい場合は、銀行カードローンを申し込む
  • キャンペーン内容などライフスタイルに合ったところを調べる

 

さいごに

意外と簡単に借りることが出来るものですが、返済遅延を繰り返すと、将来キャッシングを申し込んでも審査に落ちてしまう場合があるので、気を付けてキャッシングを利用しましょう。

キャッシングの受付時間にご注意を

 

キャッシングの受付時間

キャッシングの申し込みをしたい時は、銀行でも消費者金融でもインターネットで24時間受け付けています。専用のフォームに必要事項を入力して送信すれば、いつでも簡単に申し込みができるようになっています。ただ、これはあくまでも受け付けがいつでもできるのであって、24時間審査をするという意味ではありません。インターネットからの申し込みだと、書類の提出も含めて全ての手続きを完了できるので便利です。

 

土日でも即日でお金を借りる場合(アイフル)

 

即日キャッシングの受付時間

その日のうちに審査から借り入れまでをしようと思ったら、受付時間に限界があるので注意が必要です。基準になるのは無人の自動契約機の営業時間です。自動契約機では、その場で全ての手続きをする事ができます。大手の消費者金融であれば、年末年始を除く年中無休、銀行系でもATMに併設されていれる自動契約機ならば営業時間内で受け付けをしています。それら営業時間の中でも審査ができる時間はおおむね朝9時から夜21時までの間です。

 

即日キャッシングをしたいのであれば、審査を当日中に受けていなければ契約ができないので、なるべく早めに申し込む事が必要になります。審査は最短で30分ぐらいと言われていますが、人によってはもっと時間がかかる事もあります。し急ぎであれば、まずは電話をかけて申し込みを先にしておいてからその後の手続きを行うのがいいでしょう。

 

振り込み可能な受付時間

即日で振り込みをしてもらいたいのであれば、受付時間の締め切りはさらに早くなります。インターネットバンクの口座を持っていれば、24時間振り込み対応している会社もありますが、そうでない場合には銀行の営業時間内に振り込み依頼を終えていなければなりません。ほとんどの金融機関で14:30ぐらいまでには申し込みを完了させておかないと当日中の融資には間に合いません。そこで間に合わなければ翌営業日の振り込みになります。もしも急ぎの場合は振り込みではなくカードの利用にした方が安全です。

 

カードキャッシング受付時間

カードの受け取り方法は2つあります。

  • ・郵送
  • ・店舗

郵送の場合は契約後に自宅に送付されます。郵送で自宅に届かない方法が良いのであれば、郵便局で受け取るようにして申し込む事も可能です。店舗は、有人と無人の店舗があります。会社によっては無人の自動契約機しかないところもありますが、どの会社の自動契約機も土日祝日も営業しています。営業時間は朝8時から夜は遅いところで24時近くまで営業しているものもあります。同じ会社でも店舗によって営業時間が異なるので、事前に確認しておくと安心です。

 

用意するもの

 

本人確認書類
本人確認書類は提出必須の書類になりますので、必ず用意しましょう。運転免許証やパスポート等の公的書類が該当します。

 

収入証明書

希望限度額によっては必要ない場合もありますが、職場への在籍確認ができない時やその他のケースで必要になる事もあります。可能であれば一緒に用意しておくと手間が省けるかもしれません。収入証明書としては、源泉徴収票や確定申告書、給与明細書等があります。

 

キャッシングは24時間いつでも申し込みが可能とはいえ、必ずしも24時間いつでも融資が可能なわけではありません。各社によって条件は色々と違いますので、色々と比較してみるとより必要に見合った条件の会社が見つかるかもしれません。

まずはこの5つがおすすめ!

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日